知って得するボリンジャーバンドとは?

>

気を付けたいボリンジャーバンドの注意点

売買のルールに気を付けよう

基本的なボリンジャーバンドの使い方を一言で言えば、「+2σに近づいた時に売り、反対に-2σに近づいた時は買う」というもので、とても簡単に使うことができます。

しかし、ここで気を付けなくてはならない点があります。
それは、変動するのは値だけではないということ。
当たり前ですが、バンド自体も変動しますよね。
バンドはいつでも同じ幅のうちにあるわけではありません。
バンド自体が動くことで、±2σの間に収まっているわけですから、当然前日のままの考え方では損をしてしまいます。
つまり、買ってみたけれど気づいたらどんどんと値下がりしてしまっていた、なんてことが起こりうるということです。

このことを頭に入れておくことで、上手にボリンジャーバンドを使いこなすことができます。

逆張りのときの注意点

投資の際のテクニックとしてよく使われる逆張り。
もちろん、ボリンジャーバンドを利用するときにも使える手段です。
しかし、普通の逆張りと同じように売買をしてしまうのはあまりよくありません。
ボリンジャーバンドを逆張りで利用するときに注意しておきたいことがあります。

それは、ボリンジャーバンドがあまり参考にならないときがある、ということ。
例えば、景気の勢いが弱まったり、バブルの盛り上がりが落ち着いたりなど、株価が変動しにくいときは、バンドから大きく乖離して上昇もしくは下降するので、バンドばかりを見て売買をするのは危険です。

経済状況などを逐一調べて、上手な売買を心がけたいところです。
ボリンジャーバンドは、その特徴などをきちんと理解していれば有用な手段となりますので、ぜひ使ってみて下さい。


この記事をシェアする