知って得するボリンジャーバンドとは?

>

実際に使ってみよう!

利益が伸びるかを見極めよう

今後利益が伸びるかどうかは、相場の勢いがどうなるかで見極めることができます。
株価チャートには、上昇しているところがいくつかあると思います。
しかし、たとえ上昇していても、早まってはいけません。
よく見ると、エクスパンションがあるところと、ないところがありますよね。
エクスパンションしていないところは大きな勢いがなく、細かい上昇と下降を繰り返しているのでトレードが難しいです。
逆に、エクスパンションしたところはレートがしっかりと大きく上昇しているため、トレードのチャンスです。

このように、エクスパンションがあるかどうかを見れば、トレードのタイミング、すなわち利益が伸びるかどうかを知ることができるのです。
この機会を逃さないようにしっかり見極めましょう。

決済のタイミングが見えてくる

これまでご紹介していきましたように、ボリンジャーバンドでは今後の値動きを予想することができます。
小幅な値動きに振り回されて、決済のチャンスを逃してしまっては元も子もありません。

決済のタイミングは大きく分けて二つあります。
一つ目は、値とは反対のバンドが閉じていくときです。
これは、レートの勢いが衰えてきていると判断できるからです。

二つ目は、完全に勢いが衰えたと判断できるときです。
すなわち、値動きの方のバンドが閉じ始めるところということですね。

ご自分の好みや判断で、どちらのタイミングで決済するか決めましょう。
これらはあくまで一つのポイントではありますが、ボリンジャーバンドを上手に活用したい場合はぜひとも参考にしてください。


この記事をシェアする