知って得するボリンジャーバンドとは?

統計学に基づいて算出される「ボリンジャーバンド」の基礎知識

未来を予想できる?ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドを有効に活用するためにも、まずはその動き方や意味を学びましょう。 やみくもに投資をするよりも、ずっと賢い投資ができます。 自分の投資状況とも照らし合わせてながら、ぜひ使い方を覚えてみて下さい。 上手く利用できるようになれば、今以上の利益を得られるかも?

実際に使ってみよう!

ボリンジャーバンドの基本が分かってきたところで、実際に使ってみたいですよね。 でも、具体的にどのように利用すればよいのでしょうか。 このページで、実際の活用方法やそのポイントのほか、ボリンジャーバンドを用いた売買のタイミングやテクニックをたっぷりご紹介します。

気を付けたいボリンジャーバンドの注意点

大変便利で、どんどん活用していきたいボリンジャーバンドですが、その特徴ゆえに注意しなくてはならないことがあります。 このページでその注意点についてお話しますので、それらに注意しながら、上手にボリンジャーバンドを活用して投資をしていきましょう。

どんな動きをするの?

皆さんは、何かに投資をしたことがあるでしょうか?
最近流行しているFXや、株などが有名ですよね。
FXなどは、忙しい主婦の方や学生でも始められる手軽さから、日本国内でもその市場が伸びています。
そういった株やFXで気になるのは、いつ売り買いをするべきか、ということではないでしょうか。
その見極めをするために、株価チャートに株価とともに移動平均線というものを見比べている方もいらっしゃるかと思います。

しかし、多くの方があまり使っていない指標があるのをご存知でしょうか。
それは、「ボリンジャーバンド」というものです。
聞いたことがある方は少ないかもしれません。
ざっくりと言えば、先ほど挙げた移動平均線の上下に、価値がどれくらいの幅で動いているのかを示す線を加えたもので、1980年頃にアメリカの投資家であったジョン・ボリンジャーが開発した、統計学を応用したテクニカル分析の方法の一つです。
これによって、自分が買いすぎていないか、または売られすぎていないかの判断もできます。
その予想の精度は非常に高いため、多くの投資家からも信頼が厚い指標なのです。
これを活用できれば、売り買いのタイミングの見極めの成功率が上がるので、投資がもっと上手になります。

このサイトでは、そんなボリンジャーバンドについて深く知るために、様々な角度からご紹介していきます。
ボリンジャーバンドの動き方を学び、その活用法やリスクもご説明しますので、ぜひご自分の投資ライフに役立てて下さいね。